ワールドカップラグビー2019 日本大会閉幕

2019/11/03

 

44日間におよんだ熱き戦いが幕を閉じた。

ワールドカップラグビー2019日本大会が決まってから、今日まで関係各位には心よりねぎらいと感謝を申し上げたい。

正直、日本ラグビーの人気は4年前の南アフリカ戦での勝利の盛り上がりを、競技人口増加、競技人気へとは、つながる起爆剤とはならず、大会が成功できるのかと不安視されていた。

しかし、日々地道な活動を続け、少しづつ国民への理解、認知、そして盛り上がりへとつなげていった。

そして、開幕!!

映し出されるTVの画面には満員の観客席。

この日本でこの大歓声の中で迎えたという現実に目頭が熱くなった。

それから、自ら購入したチケットはもちろんだが、皆様からのご厚意で頂いたチケットも合わせて、全部で6試合もの試合をスタジアムで観戦することが出来た。

結果はご存じの通り、日本は予選4戦全勝で予選プール1位で念願だった決勝トーナメント進出を決めた。

そして昨日、決勝戦が行われイングランドVS南アフリカ戦

下馬評ではイングランド有利

しかし、日本に完勝した南アフリカに何とか頑張って欲しいと願いTVの前で観戦したが、予想に反して南アフリカの大勝利となった。

前の試合までのゲームプランや試合展開、1試合台風の影響でゲームが少なく、また休みも1日長かったイングランド有利は揺るがないと感じてた人も多かったと思うが、試合の入り方、一人ひとりの表情を見て、試合開始早々、「いける!!」と南アフリカ勝利を感じた人も少なくなかったと考える。

そして見事!!
南アフリカが大会最多(ニュージーランドも3回)の3回目の優勝を成し遂げた。

日本代表敗戦で、日本代表ロスになり、また今朝はワールドカップが終わったことによる大きなロスになっている自分がいる。

しかし、ここからが日本ラグビーにとって大切な時間となる。

様々な老若男女、年齢を問わず多くの方々を魅了し、また、様々な競技をしていた少年少女が、ラグビーをやろうという機運になっている。

このチャンスをどう生かすかが、試されることとなる。

また、今日からはワールドカップ期間中休止していた大学ラグビーをはじめとする国内リーグも再開される。

どうか、皆さん国内ラグビーへも目を向け、足を運んでいただきたい。

それが4年後のフランス大会で三度国民の皆さんへ感動を与えられる礎となり、選手の躍動につながるからである。

4年後にさらに進化、成長したJapanを観る為に、皆さん日本ラグビー界を宜しくお願いします!!

結びに
ラグビー最高!!
各国代表の選手の皆さん、関係スタッフ本当に有難う!!

procedure各種お手続き

mediaお問い合わせ

お問い合わせはお電話またはメールにて
お気軽にご連絡ください。

電話受付時間:平⽇ 9:00〜18:00
⼟⽇祝⽇ 9:30〜18:30 / 定休⽇:⽔曜⽇

tel

⼊居者様からの
お問い合わせ・当社管理物件について0942-33-3023

tel

仲介業務(賃貸・売買)について0942-39-3211

メールでお問い合わせ

media関連サイト

banner
banner
banner
banner
banner
banner